平和を願い「フリーデンスフェスト」を開催しました。

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the article „WEIHNACHTEN – EIN FEST MIT VIELEN TRADITIONEN“ originally posted on December 30th 2016 平和を願い「フリーデンスフェスト」を開催しました。 2016年12月30日付 世界中には、例えばオランダのように、クリスマスより聖ニコラウスの日のほうが重要視されている国があります。イタリアでは、クリスマスは家族が集って共に祝う日で、スペイン同様に、プレゼントは1月6日の三王来朝の日にもらいます。ロシアや東欧では、1月7日にサンタクロースならず、ジェット・マロースとその孫娘がそりに乗ってプレゼントを運んできます。ギリシャでは、12月24日に子どもたちが、楽器を演奏しながら街中を歩き、幸福が訪れるようにと各家庭にてカランダという歌を歌います。ポーランドでは、クリスマスの食事は12種類あり、12使徒を想いながらいただきます。食事は人数分以上準備されます。それは、突然訪れるお客様の分なのです。オーストラリアでは真夏にクリスマスがあるので、サンタクロースは、赤い水着を着てヘリコプターで移動しています。人々はクリスマスターキーを、ビーチでピクニックしながら、いただきます。インドでは、クリスマスはヒンズー教にとっても重要な日なので、祝日です。   ドイツ国際平和村は、現在、紛争や危機的状況にある9カ国から子どもたちを受け入れています。宗教や文化背景の違う子どもたちが共に生活しています。そのため、施設ではドイツ的な伝統的なクリスマスパーティはありませんが、食堂が綺麗にデコレーションされて、特別美味しい食事も準備されました。   毎年恒例になった平和を願う「フリーデンスフェスト」という名のパーティが、今年も12月30日にありました。歌を歌ったり、スタッフたちが演劇をしたり、子どもたち一人ひとりにプレゼントもありました。子ども用腕時計やおもちゃの車。これらのプレゼントは、思い出の一つとして、母国に帰る際に持ち帰るかばんに詰められます。子どもたちや家族にとって一番のプレゼントは、なんといっても、子どもたちが治療を終え、元気になって、母国へ帰ることです。この帰国というプレゼントは、アフガニスタンや中央アジアの子どもたちに2017年2月に贈られる予定です。というのも、2017年2月に、アフガニスタンや中央アジアへの援助飛行を予定しているからです。この際に、治療を終えた子どもたちが現地の家族のもとへ帰ることができるのです。   … Weiterlesen

1 2 3 4 5