ドイツ国際平和村がテレビに登場しました

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of article about „Ururun“ in TV originally posted on 15th of august 2015 2015年8月15日付   8月15日にテレビ番組表を見ていた人は、そこに「ドイツ国際平和村」の文字を見つけたことでしょう。「世界ウルルン滞在記特別編」として14時より放映がありました。今年5月末に女優の東ちづるさんがドイツ国際平和村を再訪問して、撮影があったのです。 この日に放映というのには深い意味があります。今年の8月15日で終戦から70年を迎え、犠牲になった人々を追悼し平和を祈念する日です。70年前、広島、長崎に原爆が投下された後に、日本は降伏しました。8月6日、ドイツ国際平和村は、オーバーハウゼンの市民平和運動グループが主催する原爆犠牲者の追悼式に、今年も参加しました。 女優東ちづるさんは、1999年に初めてドイツ国際平和村を取材で訪れました。紛争や危機的状況にある国の子どもたちへの援助を知った彼女は、とても強い衝撃を受けました。そして、今日に至るまで彼女の支援は続いています。母国日本で、彼女は大変多くの人々へ影響を与えました。その影響を受けた多くの方たちからドイツ国際平和村へご寄付が届いています。また、多くの若者が、彼女を理想として、ドイツ国際平和村でボランティアを始めました。 数日前には沖縄と福島の学生たちがドイツ国際平和村を訪れました。ドイツ国際平和村の子どもたちとの出会い、そして平和学習の時間を過ごしました。