ガンビアへ子どもたちが帰国しました。

eingetragen in: EXPORT, JAPAN | 0

Japanese version of the article „Heimreise nach Gambia“ originally postet on December 21st 2016 2016年12月21日付 12月20日早朝、ガンビアから治療のためドイツに来ていた子ども2人が、ドイツでの治療を終えて、母国に帰国しました。ガンビアではクリスマスを祝う習慣はありませんが、この子どもたちの家族にとって、子どもたちの帰国は、とても嬉しいクリスマスプレゼントになりました。父親、母親、叔父、叔母、祖父母、そして兄弟姉妹たち、従妹たちが、何時間も前から、バンジュールの空港で、2人の子どもたちの帰国を待っていました。子どもたちは、ガンビアでは治癒が不可能なため、ドイツでの治療を受けていました。そのため、家族と数か月間離れていたのです。 4年前から、アフリカ大陸の最小国、ガンビアという国の子どもたちに、ドイツでの医療援助を提供しています。これまでに、30人以上ものガンビアの子どもたちが、ドイツ国際平和村と現地パートナー団体を通して、医療援助を受けることができました。ガンビアの医療制度は不安定です。医療的処置が必要だとしても、国民の多くは医療費を支払うことができず、治療を受けられない状況です。必要な医療や薬が手に入らないため、因習的な薬師にお告げを求めます。この薬師は、専門的な医療者とは異なります。 ドイツ国際平和村は、子どもたちへの医療援助と同時に、2016年中に合計約13トンの援助物資を、ガンビアへ送りました。この援助物資が、現地の医療インフラを改善するために役に立っています。医薬品や衣類などの援助物資の他、ある病院から寄付されたベットも送られました。 母国の困難な生活状況にかかわらず、子どもたちが私たちに示してくれることがあります。それは、子どもたちにとって、ガンビアという国が危機的状況にある国ではなく、アフガニスタンも紛争地域ではないことです。これらの国は、彼らにとって母国なのです。母国とは子どもたちにとって、大家族の待つ場所であり、先祖代々住む場所であり、知っているにおいがする場所であり、母国の味がある場所であり、それに、聞き覚えのある騒音がある場所でなのです。治療を終えたこのガンビアの子どもたちにとって、ドイツでの治療は、夢ある将来を持つことができ、家族の力になることができることを意味しています。 二人の帰国は、素晴らしいプレゼントになりました! 写真:母国ガンビアへ帰国する子どもたち

国連が定める「世界子どもの日」に際し、ドイツ国際平和村から声明 2016年11月20日

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the article „Stellungnahme zum Weltkindertag der Vereinten Nationen am 20. November 2016“ posted here on this website 1959年11月20日、「児童の権利に関する宣言」が国連総会で採択されました。これは、子どもたちの権利を増進し、子どもたちの言葉に耳を傾け、暴力から抜け出し、成長していくためのものです。そして、その日から30年後の1989年11月20日に、「児童の権利に関する条約」が国連総会で採択されました。現在では、「世界子どもの日」は、世界194か国中145か国で祝われています。 児童の権利とは、例えば、生きる権利、健康である権利、教育の権利です。児童の権利に目が向けられてきたという経緯はポジティブではありますが、ドイツ国際平和村はこの「世界子どもの日」を機に実情に目を向けたいと思います。 多くの国で、理想と現実はまだまだ一致していません。ドイツを含むヨーロッパでも多くの子どもたちが、この児童の権利を獲得していない現実があります。この児童の権利からほど遠い生き方をしているのが、紛争地域や危機的状況にある国に住む何百万人もの子どもたちです。設立からほぼ50年が経つドイツ国際平和村は、それらの国々への援助を通じて、このことを知っています。 11月初旬に、第60回目のアンゴラ援助を行いましたが、理想からはほど遠い状況であることが明らかです。鎮痛剤や抗生物質、十分な栄養、軽度のけがや病気の治療をするために必要な医療品をもった医師などにかかわることができる子どもは、アンゴラ内ではまだまだ少数です。適切な医療インフラが整っていないことは、教育を受ける権利が遂行されないことにもつながります。重度の病気を抱えた子どもたちは、学校に行くことができません。 ドイツ国際平和村が活動を行っている他の国々も同様です。一触即発といった治安状況のアフガニスタンは特に深刻です。そんな状況ではありますが、今年の援助飛行の際、多くの家族が危険な道のりを経てカブールまでやってきました。家族は援助を受けたい一心でやってくるのです。ここでも、医療状況を整えることの必要性と、児童の権利が現実のものではないことが明確です。医療インフラの不整備によって、初期治療を受けることがなく、多くの子どもたちが、ヨーロッパに来ないと治療ができないほどの重度の病気やケガを抱えることになるのです。 ドイツ国際平和村は、児童の権利が現実的になるよう、約50年前から危機的状況にある国々に住む病気や怪我の子どもたちに、ヨーロッパにおける治療の機会を提供し、できるだけ早く家族のもとへ帰すように努めています。並行して、子どもたちの母国において、健康に生きる児童の権利を改善するための様々なプロジェクト活動を行っています。加えて、ドイツ国際平和村の平和教育部門は、セミナーやイベントを通し、青年や成人向けての啓蒙活動を行っています。 児童の権利が実質的に守られるようになるまでには、まだまだ課題がたくさんありますが、「世界子どもの日」を機に現在の状況に新たに目を向け、紛争や危機的状況にある国々の子どもたちの実情を伝えていきたいと思います。 … Weiterlesen

1 2 3 4 7