ガンビアへ子どもたちが帰国しました。

eingetragen in: EXPORT, JAPAN | 0

Japanese version of the article „Heimreise nach Gambia“ originally postet on December 21st 2016 2016年12月21日付 12月20日早朝、ガンビアから治療のためドイツに来ていた子ども2人が、ドイツでの治療を終えて、母国に帰国しました。ガンビアではクリスマスを祝う習慣はありませんが、この子どもたちの家族にとって、子どもたちの帰国は、とても嬉しいクリスマスプレゼントになりました。父親、母親、叔父、叔母、祖父母、そして兄弟姉妹たち、従妹たちが、何時間も前から、バンジュールの空港で、2人の子どもたちの帰国を待っていました。子どもたちは、ガンビアでは治癒が不可能なため、ドイツでの治療を受けていました。そのため、家族と数か月間離れていたのです。 4年前から、アフリカ大陸の最小国、ガンビアという国の子どもたちに、ドイツでの医療援助を提供しています。これまでに、30人以上ものガンビアの子どもたちが、ドイツ国際平和村と現地パートナー団体を通して、医療援助を受けることができました。ガンビアの医療制度は不安定です。医療的処置が必要だとしても、国民の多くは医療費を支払うことができず、治療を受けられない状況です。必要な医療や薬が手に入らないため、因習的な薬師にお告げを求めます。この薬師は、専門的な医療者とは異なります。 ドイツ国際平和村は、子どもたちへの医療援助と同時に、2016年中に合計約13トンの援助物資を、ガンビアへ送りました。この援助物資が、現地の医療インフラを改善するために役に立っています。医薬品や衣類などの援助物資の他、ある病院から寄付されたベットも送られました。 母国の困難な生活状況にかかわらず、子どもたちが私たちに示してくれることがあります。それは、子どもたちにとって、ガンビアという国が危機的状況にある国ではなく、アフガニスタンも紛争地域ではないことです。これらの国は、彼らにとって母国なのです。母国とは子どもたちにとって、大家族の待つ場所であり、先祖代々住む場所であり、知っているにおいがする場所であり、母国の味がある場所であり、それに、聞き覚えのある騒音がある場所でなのです。治療を終えたこのガンビアの子どもたちにとって、ドイツでの治療は、夢ある将来を持つことができ、家族の力になることができることを意味しています。 二人の帰国は、素晴らしいプレゼントになりました! 写真:母国ガンビアへ帰国する子どもたち

故郷への帰国と異国への旅立ち-第60回アンゴラへの援助飛行が無事終わりました

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the artikel „Reise in die alte und neue Welt“ originally postet on November 11th 2016. 2016年11月11日 11月8日、ドイツ中の協力病院で治療を受けて元気になった子どもたちが、チャーター機に乗って、母国アンゴラの家族のもとに無事帰りました。そして3日後、飛行機は70人のケガや病気を抱えた子どもたちと、同行した平和村スタッフを乗せて、再びドイツ・デュッセルドルフ空港に到着しました。一部の子どもたちは、空港から直接病院へ向かい、協力病院が無償で提供してくれる治療を受けます。その他の子どもたちは、病院での治療の前に、スタッフ、医師、そしてボランティアが待っている平和村施設に滞在します。このアンゴラへの援助飛行活動は、今回で60回目になります。 ドイツ国際平和村設立から50年が経とうとしている今になっても現地では、残念なことに、ドイツ国際平和村の継続的な支援がより一層必要とされています。平和村の活動のために、たくさんの人々が関わり、協力して下さっていることは、記事では伝えきることができません。矢倉幸久医師は、日本での病院での勤務の傍ら、2万6千キロも離れたドイツまで平和村の子どもたちのために駆けつけて下さいます。勝田茜作業療法士は、平和村でボランティアとして活動した後、職員として勤務していました。平和村を退職し日本に帰国した後も、この度仕事の休みをとって、子どもたちの帰国、渡独に同行しました。彼女だけではなく、教師をしているボリス、メラニー、医師のマイケもそれぞれ仕事や家庭の都合をつけて、アンゴラに子どもたちに同行しました。彼らが現地の様子、子どもたちの様子についてこのように語ってくれました。 「ドイツでたくさんの人たちが僕を助けてくれました」そのようにジャンバが私たちが問いかけた質問の答えについて話し始めました。彼は以前、平和村を通してドイツで治療を受けていました。私たちが質問した「将来何になりたいか」という問いに対して、彼はもちろん医師と答えました。15歳になるジャンバは、重度の骨髄炎で長い間、ドイツで治療を受けていました。現在、治療を終えてアンゴラへ帰国した後も、治療を終えた子どもたちの家族への受け渡しや新しい子どもたちの渡独準備のお手伝いをしに、定期的に平和村の現地パートナー団体Kimbo Liombembwaに来てくれます。今回、彼は3日間もお手伝いに来てくれました。その内の1日、ドイツから帰国した子どもたちを家族に受け渡す日には、平和村施設で知り合った2人の友達とともに微笑を提供してくれました。ジャンバとこの2人の友人は、帰国後も時折会っています。その時にはドイツ語で話すこともあります。(写真参照) 彼らは平和村スタッフに、手紙と歌をプレゼントをしてくれたのです。この2曲のラップソングは、もちろんドイツ語です!そして、ラップソングの他に、もう1つの曲は、平和村施設で他のたくさんの友達と一緒に歌った思い出の歌でした。「We are the world, … Weiterlesen

ガンビアへの援助飛行が無事終了しました

eingetragen in: AKTUELLES, JAPAN | 0

Japanese version of article „Gambia Hilfseinsatz erfolgreich beendet“, orgininally posted on 15th of June 今回のガンビアの訪問で、平和村現地入りスタッフは、思いがけない再会を果たしました!ケビン・ダールブルフとマイケ・ヴェルデマン医師が、治療を終えて元気になった5人の 子どもたちに同伴してガンビアへ発った際、飛行機でその再会がありました。子どもの1人が、近くに座ったアジア系の乗客に、物怖じせず人懐っこい様子で「日本人なの?」と話しかけました。ドイツ国際平和村は、日本と繋がりの強い団体で、今までにも多くの日本人ボランティアが活動に参加しています。彼は、その乗客の風貌に、お世話をしてくれていた日本人ボランティアの面影を感じたのでしょう。予感は的中しました!その乗客は「そうだよ」と答えて、さらに「僕は、君たちがドイツのどこから来たのかも知ってるよ」とも言ったのです。高橋祐亮さんは、ドイツ国際平和村で2004年にインターン生(ボランティア)として、子どもたちの身の回りのお世話を担当してくれていました。そして今、仕事の出張でガンビアに向かっていたのです。 元気になった子どもたちと家族が再会した時の喜びを感じるのは、大変嬉しい瞬間です。しかし、このガンビア滞在で、大きな喜びを感じたのはほんの一瞬でした。現地の医療状況は劣悪です。専門知識を持った医療従事者が不足しています。たとえ現地に、医療物資が十分にあったとしても、医師たちの許容範囲を超え、これ以上患者を治療することはできないでしょう。心臓や食道における複雑な疾患は現地では治療が困難です。今回治療のために渡独した8人の子どもたちのうちの1人は、園芸ホースのような太い胃管をつけていました。 ガンビアでの活動は、現地パートナー団体「Project Aid The Gambia」と協力して行っており、ドイツ国際平和村と良好な協力関係が保てています。また、現地入りスタッフの宿泊費はドイツ・オーバーハウゼンの旅行会社が負担してくれました。 ドイツ国際平和村は2012年から、アフリカのこの小さな国への支援を続けています。この国は資源がないため、経済発展をすることができていません。この国の経済は、亡命したガンビア人たちや外国人旅行客からの外貨に頼っています。国民の半数は貧困層で、病院は首都バンジュールとその地域に数軒しかありません。地方には基礎診療所がありますが、勤務しているのは看護師や助産師のみで、ベッド数は少ないです。また施設装備も古く、十分に機能しないものがほとんどです。緊急に薬が必要になった時は、患者もしくはその家族が自己負担しなければなりませんが、多くの場合、家族は支払うだけのお金がありません。

1 2 3