PAKETAKTION 2016: RUND 5000 PAKETE FÜR BEDÜRFTIGE IN ARMENIEN, NAGORNY-KARABACH UND TADSCHIKISTAN

FRIEDENSDORF INTERNATIONAL führt erneut Bürgerpaketaktion durch Fast 3700 km Luftlinie sind es von Hamburg bis Erevan in Armenien  und sogar 5600 km von Dresden bis in … Weiterlesen

故郷への帰国と異国への旅立ち-第60回アンゴラへの援助飛行が無事終わりました

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the artikel „Reise in die alte und neue Welt“ originally postet on November 11th 2016. 2016年11月11日 11月8日、ドイツ中の協力病院で治療を受けて元気になった子どもたちが、チャーター機に乗って、母国アンゴラの家族のもとに無事帰りました。そして3日後、飛行機は70人のケガや病気を抱えた子どもたちと、同行した平和村スタッフを乗せて、再びドイツ・デュッセルドルフ空港に到着しました。一部の子どもたちは、空港から直接病院へ向かい、協力病院が無償で提供してくれる治療を受けます。その他の子どもたちは、病院での治療の前に、スタッフ、医師、そしてボランティアが待っている平和村施設に滞在します。このアンゴラへの援助飛行活動は、今回で60回目になります。 ドイツ国際平和村設立から50年が経とうとしている今になっても現地では、残念なことに、ドイツ国際平和村の継続的な支援がより一層必要とされています。平和村の活動のために、たくさんの人々が関わり、協力して下さっていることは、記事では伝えきることができません。矢倉幸久医師は、日本での病院での勤務の傍ら、2万6千キロも離れたドイツまで平和村の子どもたちのために駆けつけて下さいます。勝田茜作業療法士は、平和村でボランティアとして活動した後、職員として勤務していました。平和村を退職し日本に帰国した後も、この度仕事の休みをとって、子どもたちの帰国、渡独に同行しました。彼女だけではなく、教師をしているボリス、メラニー、医師のマイケもそれぞれ仕事や家庭の都合をつけて、アンゴラに子どもたちに同行しました。彼らが現地の様子、子どもたちの様子についてこのように語ってくれました。 「ドイツでたくさんの人たちが僕を助けてくれました」そのようにジャンバが私たちが問いかけた質問の答えについて話し始めました。彼は以前、平和村を通してドイツで治療を受けていました。私たちが質問した「将来何になりたいか」という問いに対して、彼はもちろん医師と答えました。15歳になるジャンバは、重度の骨髄炎で長い間、ドイツで治療を受けていました。現在、治療を終えてアンゴラへ帰国した後も、治療を終えた子どもたちの家族への受け渡しや新しい子どもたちの渡独準備のお手伝いをしに、定期的に平和村の現地パートナー団体Kimbo Liombembwaに来てくれます。今回、彼は3日間もお手伝いに来てくれました。その内の1日、ドイツから帰国した子どもたちを家族に受け渡す日には、平和村施設で知り合った2人の友達とともに微笑を提供してくれました。ジャンバとこの2人の友人は、帰国後も時折会っています。その時にはドイツ語で話すこともあります。(写真参照) 彼らは平和村スタッフに、手紙と歌をプレゼントをしてくれたのです。この2曲のラップソングは、もちろんドイツ語です!そして、ラップソングの他に、もう1つの曲は、平和村施設で他のたくさんの友達と一緒に歌った思い出の歌でした。「We are the world, … Weiterlesen

オーバーハウゼン

eingetragen in: JAPAN | 0

あと一晩寝たら、いよいよ母国アンゴラへ帰国です!今日、帰国する子どもたちの名前の発表がありました。援助飛行の度行われるこの名前の発表は、子どもたちにとってとても大きな意味を持っています。 明日の援助飛行が無事遂行できるよう祈っていてください! 2015年11月10日 アンゴラ・首都ルアンダ ドイツ・オーバーハウゼン市のドイツ国際平和村で、帰国する子どもたちが待ちきれずにいる中、こちらアンゴラの首都ルアンダでもこれから渡独する子どもたちの準備を進めています。

いつもと変わらない流れの中で

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of articles about trip to Afghanistan originally posted on 20th and 23rd of august 2015 2015年8月20日付 急性骨髄炎、やけどによる変形や皮膚の拘縮。 8月19日(水)、このような症状を抱えた子どもたちが、アフガニスタン、中央アジア、コーカサス地方から、治療を受けるためにドイツへやってきました。ドイツ各地の医師や看護師が、これからの数週間や数ヶ月もの間、「子どもたちがドイツまで来なければならなかった理由」を取り除くために、無償で協力してくれます。治療のため渡独した子どもたちは、母国で再度人生を歩んでいくための、2度目のチャンスを得るのです。   この援助飛行にかかわる全ての業務は大変複雑です。毎回、援助飛行のために行うことはほぼ変わりはなく習慣的な手続きですが、長年ドイツ国際平和村に従事しているスタッフは言います。「子どもたちの家族の希望と感謝であふれるような目を見るときに抱く感情に慣れることはありません。」 息子や娘の将来を想い、家族は数ヶ月以上にもわたる別れに耐え、言語や文化のまったく違った国へ彼らを送り出すのです。このような背景があるため、継続して活動を行うということは大変重要です。ドイツ国際平和村の活動は様々な国で継続して行っています。アフガニスタンへも1988年から援助を続けています。この継続と堅実が信頼を生み出しています。援助を続けるという決断は、タジキスタンやアフガニスタン、またはグルジアがメディアに登場するからといったこととは関係ありません。現地で援助が必要とされていること、そしてドイツでその子どもへの治療が可能であることが本質的な判断基準です。現地の人々の状況を把握するために、定期的にドイツからスタッフが現地を訪れることにも意味があります。さらに、現地の信頼の置けるパートナーとの協力関係にも重要な意味があります。今年6月には、2人のドイツ国際平和村スタッフが中央アジアを訪問していました。「約2ヶ月前にタジキスタン、ウズベキスタン、キルギスでパートナーと共に面会をし、ドイツ行きを決定した子どもたちと、今回の援助飛行で再会できて嬉しかった」とこの2人のスタッフは喜びます。   ドイツ国際平和村の活動は、うまく機能したネットワークに支えられています。今回の援助飛行においても、子どもたちの治療を無償で行うドイツ各地の病院に並び、子どもたちの空港からの移動を担ってくれた各地のドイツ赤十字やオーバーハウゼン市交通局からの協力がありました。デュッセルドルフ空港もまた、チャーター便の離発着料を免除し、数トンの援助物資の空港までの輸送の際には、運搬会社の協力がありました。また、世界中のドイツ国際平和村の活動を見守り、支えてくださっている方々に、この場をお借りして、お礼申し上げます。   8月22日(土)に、ウクライナの航空会社ヤンエアのチャーター機は、往路とは逆の航路をとり、治療を終えた子どもたちの母国へ向かいます。子どもたちは再び家族と一緒になれるのです。 … Weiterlesen

1 2