故郷への帰国と異国への旅立ち-第60回アンゴラへの援助飛行が無事終わりました

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the artikel „Reise in die alte und neue Welt“ originally postet on November 11th 2016. 2016年11月11日 11月8日、ドイツ中の協力病院で治療を受けて元気になった子どもたちが、チャーター機に乗って、母国アンゴラの家族のもとに無事帰りました。そして3日後、飛行機は70人のケガや病気を抱えた子どもたちと、同行した平和村スタッフを乗せて、再びドイツ・デュッセルドルフ空港に到着しました。一部の子どもたちは、空港から直接病院へ向かい、協力病院が無償で提供してくれる治療を受けます。その他の子どもたちは、病院での治療の前に、スタッフ、医師、そしてボランティアが待っている平和村施設に滞在します。このアンゴラへの援助飛行活動は、今回で60回目になります。 ドイツ国際平和村設立から50年が経とうとしている今になっても現地では、残念なことに、ドイツ国際平和村の継続的な支援がより一層必要とされています。平和村の活動のために、たくさんの人々が関わり、協力して下さっていることは、記事では伝えきることができません。矢倉幸久医師は、日本での病院での勤務の傍ら、2万6千キロも離れたドイツまで平和村の子どもたちのために駆けつけて下さいます。勝田茜作業療法士は、平和村でボランティアとして活動した後、職員として勤務していました。平和村を退職し日本に帰国した後も、この度仕事の休みをとって、子どもたちの帰国、渡独に同行しました。彼女だけではなく、教師をしているボリス、メラニー、医師のマイケもそれぞれ仕事や家庭の都合をつけて、アンゴラに子どもたちに同行しました。彼らが現地の様子、子どもたちの様子についてこのように語ってくれました。 「ドイツでたくさんの人たちが僕を助けてくれました」そのようにジャンバが私たちが問いかけた質問の答えについて話し始めました。彼は以前、平和村を通してドイツで治療を受けていました。私たちが質問した「将来何になりたいか」という問いに対して、彼はもちろん医師と答えました。15歳になるジャンバは、重度の骨髄炎で長い間、ドイツで治療を受けていました。現在、治療を終えてアンゴラへ帰国した後も、治療を終えた子どもたちの家族への受け渡しや新しい子どもたちの渡独準備のお手伝いをしに、定期的に平和村の現地パートナー団体Kimbo Liombembwaに来てくれます。今回、彼は3日間もお手伝いに来てくれました。その内の1日、ドイツから帰国した子どもたちを家族に受け渡す日には、平和村施設で知り合った2人の友達とともに微笑を提供してくれました。ジャンバとこの2人の友人は、帰国後も時折会っています。その時にはドイツ語で話すこともあります。(写真参照) 彼らは平和村スタッフに、手紙と歌をプレゼントをしてくれたのです。この2曲のラップソングは、もちろんドイツ語です!そして、ラップソングの他に、もう1つの曲は、平和村施設で他のたくさんの友達と一緒に歌った思い出の歌でした。「We are the world, … Weiterlesen

PRESSEMITTEILUNG VON DER DEUTSCHEN BOTSCHAFT IN ANGOLA

„Friedensdorf“ holt erneut schwerstkranke angolanische Kinder zur Behandlung nach Deutschland Seit mehr als 20 Jahren ermöglicht die deutsche Nicht-Regierungsorganisation „Friedensdorf International“  schwerstkranken oder schwerstverletzten angolanischen Kindern … Weiterlesen

8回目のガンビア援助 -貧困、希望、感謝の気持ち

eingetragen in: JAPAN | 0

Japanese version of article „Achter Friedensdorf-Einsatz in Gambia: Armut, Hoffnung und Dankbarkeit“,orgininally posted on 18th of October 2016 2016年10月15日、治療を終え元気になった子どもたちが6人、ドイツ国際平和村スタッフとともに、母国ガンビアへ帰りました。ベルギー・ブリュッセル空港まで行くのも、セネガルの首都ダカールでの乗り継ぎも、長い時間がかかりましたが、子どもたちはやっと帰国することができました。この子どもたちは、母国では治療のできない病気やケガを治療するために、ドイツに滞在していました。子どもたちに付き添って現地入りしたスタッフは、「もちろん子どもたちは長い飛行で疲れていました。しかし、ドイツから来た私たちに振り返ることなく、喜びにあふれながら家族とともに家路に向かう子どもたちの姿は印象的で、その姿を見れたことを嬉しく思いました。子どもたちはようやく本当に『ホーム』に帰ったのです!」と報告しました。 ドイツ国際平和村は現地パートナー団体「Project Aid The Gambia」とともに、2012年からガンビアへの支援を続けています。複数のコンテナで、緊急に必要な物資も現地に届けており、前回の輸送では何台もの病院用ベッドも送りました。平和村スタッフの現地入り中には、支援が受けられるかを聞くために、ケガや病気を抱えた子どもたちとその家族が面会に来ました。一見設備が整っていそうに見える首都の病院でさえ、人々に提供できる医療状況は整っているとは言えず、また消耗品の物資が不足していることに、現地入りスタッフは驚きを隠せませんでした。反対に、ポジティブな印象として深く残ったのは、それほど期間がたっていない現地パートナー団体に信頼をよせて、活動することができていることです。ガンビアの現地パートナー団体との協力活動は始まってからまだ日が浅いですが、信頼関係が築け、良好な協力活動が行えていることです。「ドイツ国際平和村は、ガンビアでは外国の団体です。ドイツ国際平和村が現地の状況や社会情勢を知っている現地パートナーと共に活動できるからこそ、このように本当に現地の人々が求めている活動や持続的な活動を続けることができるのです。」と、現地入りをしたビアギット・シュティフターは言います。 そして、10月17日、現地入りスタッフが病気やケガを負った新しい子どもたち5人を連れてガンビアを発ちました。協力病院は、この子どもたちの治療を無償で引き受けて下さる予定です。この子どもたちも治療を終えた後、健康に新しい人生を歩む希望とともに、家族の待つ母国に帰るのです。

カンボジアでのプロジェクト活動

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 1

Japanese version of article „24. Projektreise vom Friedensdorf nach Kambodscha beendet“,orgininally posted on 27th of September 2016 2016年9月17日から24日までの間、ドイツ国際平和村代表トーマス・ヤコブスと職員マリア・ティネフェルトが、現地プロジェクト活動の様子を把握するため、東南アジアの一国であるカンボジアを訪れました。ドイツ国際平和村は、2002年以降、カンボジアの特に人里離れた地域に、基礎健康診療所を建設するプロジェクトを行っています。 ドイツ国際平和村が設立された当時は、ベトナムへの援助を行っていました。現在は、そのベトナムに隣接したカンボジアで、この貧しい国のインフラが整い、よりよい生活状況になるよう、現地プロジェクト活動を進めています。カンボジアでも旅行者が増えている地域もあり、道路工事に資金や労力を注いでいますが、地方に住む人々の生活は酷い状況です。 雨期に主要路以外の砂利道などを使うと、四輪駆動車でも、10キロの距離に1時間もかかります。また、地方に住む人々はほとんどが農業従事者で、学校も医療処置が受けられる場所も彼らの近くにはありません。だからこそ、カンボジアには、まず初期治療が受けられる基礎健康診療所が必要となってくるのです。 ドイツ国際平和村チームは、訪れた基礎健康診療所が効率的に機能していること、そして、「基礎健康診療所建設プロジェクト」の必要性を改めて感じました。28ヵ所目となる基礎健康診療所は、来月末に完成します。また、この視察で訪れた多くの場所で、診療所の必要性が見られ、新たな建設の依頼も受けました。いくつかの基礎健康診療所が、来年または再来年建設される見通しです。カンボジアの気候を考え、いくつかの基礎健康診療所は、高床式に建てられなければなりません。プレイベン州やトボンクムン州のような多くの地域では、何ヶ月もの間、水害があり、ボートで移動しなければなりません。基礎健康診療所の周囲12キロに住む約6,000人もの住民にとって、初期治療、妊婦検診、出産、予防接種が受けられる基礎診療所があることは大きな財産です。 また、この国では、何十年もポルポト政権が続いたため、支援がまだまだ必要です。小児病院は、数軒、大きな都市にしかありません。また、整形外科の専門病院は1千5百万人が住むこの国に、たった一軒しかありません。 代表トーマス・ヤコブスと職員マリア・ティネフェルトは、Knorr Bremse財団が援助している幼稚園プロジェクトも視察しました。この幼稚園はプノンペンのゴミ山で生活する子どもたちが通っています。この子どもたちを支援するプロジェクト内容にも賛同し、支援を行う予定です。 今回のカンボジア訪問においても、長年、共に活動を続けてきたカンボジアの現地パートナーとの協力関係、それに不遇な生活状況にあるにも関わらず、この国の人々が愛情溢れ、生きる喜びに溢れていることに、胸を打たれました。   … Weiterlesen

24. PROJEKTREISE VOM FRIEDENSDORF NACH KAMBODSCHA BEENDET

Vom 17.09.- 24.09.16 besuchten Friedensdorf-Leiter Thomas Jacobs und Mitarbeiterin Maria Tinnefeld das südostasiatische Kambodscha. Seit 2002 finanziert die Kinderhilfsorganisation in Oberhausen u.a. sogenannte Basisgesundheitsstationen in ländlichen … Weiterlesen

1 2 3 4 13