カンボジアでのプロジェクト活動

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 1

Japanese version of article „24. Projektreise vom Friedensdorf nach Kambodscha beendet“,orgininally posted on 27th of September 2016 2016年9月17日から24日までの間、ドイツ国際平和村代表トーマス・ヤコブスと職員マリア・ティネフェルトが、現地プロジェクト活動の様子を把握するため、東南アジアの一国であるカンボジアを訪れました。ドイツ国際平和村は、2002年以降、カンボジアの特に人里離れた地域に、基礎健康診療所を建設するプロジェクトを行っています。 ドイツ国際平和村が設立された当時は、ベトナムへの援助を行っていました。現在は、そのベトナムに隣接したカンボジアで、この貧しい国のインフラが整い、よりよい生活状況になるよう、現地プロジェクト活動を進めています。カンボジアでも旅行者が増えている地域もあり、道路工事に資金や労力を注いでいますが、地方に住む人々の生活は酷い状況です。 雨期に主要路以外の砂利道などを使うと、四輪駆動車でも、10キロの距離に1時間もかかります。また、地方に住む人々はほとんどが農業従事者で、学校も医療処置が受けられる場所も彼らの近くにはありません。だからこそ、カンボジアには、まず初期治療が受けられる基礎健康診療所が必要となってくるのです。 ドイツ国際平和村チームは、訪れた基礎健康診療所が効率的に機能していること、そして、「基礎健康診療所建設プロジェクト」の必要性を改めて感じました。28ヵ所目となる基礎健康診療所は、来月末に完成します。また、この視察で訪れた多くの場所で、診療所の必要性が見られ、新たな建設の依頼も受けました。いくつかの基礎健康診療所が、来年または再来年建設される見通しです。カンボジアの気候を考え、いくつかの基礎健康診療所は、高床式に建てられなければなりません。プレイベン州やトボンクムン州のような多くの地域では、何ヶ月もの間、水害があり、ボートで移動しなければなりません。基礎健康診療所の周囲12キロに住む約6,000人もの住民にとって、初期治療、妊婦検診、出産、予防接種が受けられる基礎診療所があることは大きな財産です。 また、この国では、何十年もポルポト政権が続いたため、支援がまだまだ必要です。小児病院は、数軒、大きな都市にしかありません。また、整形外科の専門病院は1千5百万人が住むこの国に、たった一軒しかありません。 代表トーマス・ヤコブスと職員マリア・ティネフェルトは、Knorr Bremse財団が援助している幼稚園プロジェクトも視察しました。この幼稚園はプノンペンのゴミ山で生活する子どもたちが通っています。この子どもたちを支援するプロジェクト内容にも賛同し、支援を行う予定です。 今回のカンボジア訪問においても、長年、共に活動を続けてきたカンボジアの現地パートナーとの協力関係、それに不遇な生活状況にあるにも関わらず、この国の人々が愛情溢れ、生きる喜びに溢れていることに、胸を打たれました。   … Weiterlesen

24. PROJEKTREISE VOM FRIEDENSDORF NACH KAMBODSCHA BEENDET

Vom 17.09.- 24.09.16 besuchten Friedensdorf-Leiter Thomas Jacobs und Mitarbeiterin Maria Tinnefeld das südostasiatische Kambodscha. Seit 2002 finanziert die Kinderhilfsorganisation in Oberhausen u.a. sogenannte Basisgesundheitsstationen in ländlichen … Weiterlesen

カンボジア:26ヶ所目の基礎健康診療所と産婦人科病棟への支援

eingetragen in: JAPAN | 0

Japanese version of article about „Neuigkeiten aus Kambodscha“ originally posted on 28th of January 2016. 2016年1月27日付 2015年10月、ドイツ国際平和村代表トーマス・ヤコブスとスタッフのマリア・ティネフェルドが、現地プロジェクト活動の状況を把握するため、カンボジアへ向かいました。そして、ドイツ国際平和村が支援しているカンボジアにおけるプロジェクトが、現地の人々に大切にされていることを確認することができました。ドイツ国際平和村が、プロジェクト活動を通して目指しているのは、病気やケガを抱えた子どもたちを家族から引き離してドイツへ治療のため連れて来る必要がなくなること、つまり、子どもたちが母国の家族の元で適切な治療を受けられるようになることです。   先日、カンボジア現地パートナーより、最近のプロジェクト活動について報告がありました。 Romeas Hekという町の地方病院の拡張という形で2014年末に開所した産婦人科病棟では、2015年内、538人の新生児が誕生しました。この産婦人科は、この地域の妊婦が妊娠中に問題や疑問があった場合に立ち寄れる場となっています。また、分娩は、衛生的な環境で専門家のもと行われます。そのため、出産時の母子の危険因子が減少しました。加えて、合計130人の婦人が入院治療を受け、855人の子どもたちが、この地方病院にて治療の機会を得ることができました。   基礎健康診療所の建築プロジェクトに関しても報告があります。医療の行き届いていない地方の人々に基礎的な医療を提供することを目的としたプロジェクトですが、昨年は23ヵ所目、24ヶ所目、25ヵ所目を開設できました。現在は、Angkor Angという地域に26ヵ所目となる基礎健康診療所の建築が進められています。建物の土台はほぼ完成し、建設を担当しているスタッフは、第一段階を無事に終え、順調な進展に胸をなでおろしています。特に困難だったことは、診療所を建築している土地が水分を多く含むことです。建物の下部で基礎となる柱がなかなか思うとおりに立ちませんでした。重量のある建築資材を運ぶことも、インフラが整備されていないカンボジアの地方では困難を伴います。   工事が引き続き順調に進めば、この診療所は年内に運営開始できるでしょう。様々な検査、予防接種、病気についての情報などを人々に提供できるようになります。また、妊婦も妊娠中から分娩までの医療が受けられます。患者は、診療代としてそれぞれの人々の収入に見合った額を支払うというシステムをとり、全ての人々が基礎医療を受けられるようにしています。 … Weiterlesen

1 2 3