国連が定める「世界子どもの日」に際し、ドイツ国際平和村から声明 2016年11月20日

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the article „Stellungnahme zum Weltkindertag der Vereinten Nationen am 20. November 2016“ posted here on this website 1959年11月20日、「児童の権利に関する宣言」が国連総会で採択されました。これは、子どもたちの権利を増進し、子どもたちの言葉に耳を傾け、暴力から抜け出し、成長していくためのものです。そして、その日から30年後の1989年11月20日に、「児童の権利に関する条約」が国連総会で採択されました。現在では、「世界子どもの日」は、世界194か国中145か国で祝われています。 児童の権利とは、例えば、生きる権利、健康である権利、教育の権利です。児童の権利に目が向けられてきたという経緯はポジティブではありますが、ドイツ国際平和村はこの「世界子どもの日」を機に実情に目を向けたいと思います。 多くの国で、理想と現実はまだまだ一致していません。ドイツを含むヨーロッパでも多くの子どもたちが、この児童の権利を獲得していない現実があります。この児童の権利からほど遠い生き方をしているのが、紛争地域や危機的状況にある国に住む何百万人もの子どもたちです。設立からほぼ50年が経つドイツ国際平和村は、それらの国々への援助を通じて、このことを知っています。 11月初旬に、第60回目のアンゴラ援助を行いましたが、理想からはほど遠い状況であることが明らかです。鎮痛剤や抗生物質、十分な栄養、軽度のけがや病気の治療をするために必要な医療品をもった医師などにかかわることができる子どもは、アンゴラ内ではまだまだ少数です。適切な医療インフラが整っていないことは、教育を受ける権利が遂行されないことにもつながります。重度の病気を抱えた子どもたちは、学校に行くことができません。 ドイツ国際平和村が活動を行っている他の国々も同様です。一触即発といった治安状況のアフガニスタンは特に深刻です。そんな状況ではありますが、今年の援助飛行の際、多くの家族が危険な道のりを経てカブールまでやってきました。家族は援助を受けたい一心でやってくるのです。ここでも、医療状況を整えることの必要性と、児童の権利が現実のものではないことが明確です。医療インフラの不整備によって、初期治療を受けることがなく、多くの子どもたちが、ヨーロッパに来ないと治療ができないほどの重度の病気やケガを抱えることになるのです。 ドイツ国際平和村は、児童の権利が現実的になるよう、約50年前から危機的状況にある国々に住む病気や怪我の子どもたちに、ヨーロッパにおける治療の機会を提供し、できるだけ早く家族のもとへ帰すように努めています。並行して、子どもたちの母国において、健康に生きる児童の権利を改善するための様々なプロジェクト活動を行っています。加えて、ドイツ国際平和村の平和教育部門は、セミナーやイベントを通し、青年や成人向けての啓蒙活動を行っています。 児童の権利が実質的に守られるようになるまでには、まだまだ課題がたくさんありますが、「世界子どもの日」を機に現在の状況に新たに目を向け、紛争や危機的状況にある国々の子どもたちの実情を伝えていきたいと思います。 … Weiterlesen

故郷への帰国と異国への旅立ち-第60回アンゴラへの援助飛行が無事終わりました

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the artikel „Reise in die alte und neue Welt“ originally postet on November 11th 2016. 2016年11月11日 11月8日、ドイツ中の協力病院で治療を受けて元気になった子どもたちが、チャーター機に乗って、母国アンゴラの家族のもとに無事帰りました。そして3日後、飛行機は70人のケガや病気を抱えた子どもたちと、同行した平和村スタッフを乗せて、再びドイツ・デュッセルドルフ空港に到着しました。一部の子どもたちは、空港から直接病院へ向かい、協力病院が無償で提供してくれる治療を受けます。その他の子どもたちは、病院での治療の前に、スタッフ、医師、そしてボランティアが待っている平和村施設に滞在します。このアンゴラへの援助飛行活動は、今回で60回目になります。 ドイツ国際平和村設立から50年が経とうとしている今になっても現地では、残念なことに、ドイツ国際平和村の継続的な支援がより一層必要とされています。平和村の活動のために、たくさんの人々が関わり、協力して下さっていることは、記事では伝えきることができません。矢倉幸久医師は、日本での病院での勤務の傍ら、2万6千キロも離れたドイツまで平和村の子どもたちのために駆けつけて下さいます。勝田茜作業療法士は、平和村でボランティアとして活動した後、職員として勤務していました。平和村を退職し日本に帰国した後も、この度仕事の休みをとって、子どもたちの帰国、渡独に同行しました。彼女だけではなく、教師をしているボリス、メラニー、医師のマイケもそれぞれ仕事や家庭の都合をつけて、アンゴラに子どもたちに同行しました。彼らが現地の様子、子どもたちの様子についてこのように語ってくれました。 「ドイツでたくさんの人たちが僕を助けてくれました」そのようにジャンバが私たちが問いかけた質問の答えについて話し始めました。彼は以前、平和村を通してドイツで治療を受けていました。私たちが質問した「将来何になりたいか」という問いに対して、彼はもちろん医師と答えました。15歳になるジャンバは、重度の骨髄炎で長い間、ドイツで治療を受けていました。現在、治療を終えてアンゴラへ帰国した後も、治療を終えた子どもたちの家族への受け渡しや新しい子どもたちの渡独準備のお手伝いをしに、定期的に平和村の現地パートナー団体Kimbo Liombembwaに来てくれます。今回、彼は3日間もお手伝いに来てくれました。その内の1日、ドイツから帰国した子どもたちを家族に受け渡す日には、平和村施設で知り合った2人の友達とともに微笑を提供してくれました。ジャンバとこの2人の友人は、帰国後も時折会っています。その時にはドイツ語で話すこともあります。(写真参照) 彼らは平和村スタッフに、手紙と歌をプレゼントをしてくれたのです。この2曲のラップソングは、もちろんドイツ語です!そして、ラップソングの他に、もう1つの曲は、平和村施設で他のたくさんの友達と一緒に歌った思い出の歌でした。「We are the world, … Weiterlesen

PRESSEMITTEILUNG VON DER DEUTSCHEN BOTSCHAFT IN ANGOLA

„Friedensdorf“ holt erneut schwerstkranke angolanische Kinder zur Behandlung nach Deutschland Seit mehr als 20 Jahren ermöglicht die deutsche Nicht-Regierungsorganisation „Friedensdorf International“  schwerstkranken oder schwerstverletzten angolanischen Kindern … Weiterlesen

1 2 3 4