国連が定める「世界子どもの日」に際し、ドイツ国際平和村から声明 2016年11月20日

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the article „Stellungnahme zum Weltkindertag der Vereinten Nationen am 20. November 2016“ posted here on this website 1959年11月20日、「児童の権利に関する宣言」が国連総会で採択されました。これは、子どもたちの権利を増進し、子どもたちの言葉に耳を傾け、暴力から抜け出し、成長していくためのものです。そして、その日から30年後の1989年11月20日に、「児童の権利に関する条約」が国連総会で採択されました。現在では、「世界子どもの日」は、世界194か国中145か国で祝われています。 児童の権利とは、例えば、生きる権利、健康である権利、教育の権利です。児童の権利に目が向けられてきたという経緯はポジティブではありますが、ドイツ国際平和村はこの「世界子どもの日」を機に実情に目を向けたいと思います。 多くの国で、理想と現実はまだまだ一致していません。ドイツを含むヨーロッパでも多くの子どもたちが、この児童の権利を獲得していない現実があります。この児童の権利からほど遠い生き方をしているのが、紛争地域や危機的状況にある国に住む何百万人もの子どもたちです。設立からほぼ50年が経つドイツ国際平和村は、それらの国々への援助を通じて、このことを知っています。 11月初旬に、第60回目のアンゴラ援助を行いましたが、理想からはほど遠い状況であることが明らかです。鎮痛剤や抗生物質、十分な栄養、軽度のけがや病気の治療をするために必要な医療品をもった医師などにかかわることができる子どもは、アンゴラ内ではまだまだ少数です。適切な医療インフラが整っていないことは、教育を受ける権利が遂行されないことにもつながります。重度の病気を抱えた子どもたちは、学校に行くことができません。 ドイツ国際平和村が活動を行っている他の国々も同様です。一触即発といった治安状況のアフガニスタンは特に深刻です。そんな状況ではありますが、今年の援助飛行の際、多くの家族が危険な道のりを経てカブールまでやってきました。家族は援助を受けたい一心でやってくるのです。ここでも、医療状況を整えることの必要性と、児童の権利が現実のものではないことが明確です。医療インフラの不整備によって、初期治療を受けることがなく、多くの子どもたちが、ヨーロッパに来ないと治療ができないほどの重度の病気やケガを抱えることになるのです。 ドイツ国際平和村は、児童の権利が現実的になるよう、約50年前から危機的状況にある国々に住む病気や怪我の子どもたちに、ヨーロッパにおける治療の機会を提供し、できるだけ早く家族のもとへ帰すように努めています。並行して、子どもたちの母国において、健康に生きる児童の権利を改善するための様々なプロジェクト活動を行っています。加えて、ドイツ国際平和村の平和教育部門は、セミナーやイベントを通し、青年や成人向けての啓蒙活動を行っています。 児童の権利が実質的に守られるようになるまでには、まだまだ課題がたくさんありますが、「世界子どもの日」を機に現在の状況に新たに目を向け、紛争や危機的状況にある国々の子どもたちの実情を伝えていきたいと思います。 … Weiterlesen

HOFFNUNG IN SCHWEREN ZEITEN

Friedensdorf Hilfseinsatz in Afghanistan Auch nach 29 Jahren ist Unterstützung für dieses leidgeplagte Land und besonders für seine Kinder bitter notwendig. Afghanistan ist vom Frieden weit … Weiterlesen

2016年8月2日 カブール

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of Afghanistan Blog アフガニスタンの人々の状況が過去数か月で、さらに悪化している印象を受けました。地方から危険な道のりを経てカブールまでやってきた家族から、私たちが聞いた話はとても悲しいものです。例えば、すでに7人の子どもを失った母親がいるといった話です。 しかし、ここカブールでは、素敵な経験や出会いもあります。以前、ドイツ国際平和村が受け入れた子どもたちがすでに父親や母親になっていることもしばしばあるのです。この“かつての子どもたち”との再会は感動的です。私たちが“ドイツ国際平和村と赤新月社チーム”として、ドイツで治療を受けた子どもたちに希望溢れる未来への望みを与えたというだけではなく、子どもたち自身がこのチャンスをきちんと活用していることを、この再会が証明してくれます。身体的な制限があっても、周りの人を手助けできることや国籍や宗教が異なっていても、共に平和に生活することが可能であるということを子どもたちはドイツで経験しています。それらの経験が、彼らが目指す未来をさらに支えているのです。 ある男性に再会しました。彼は、紛争で受けた怪我の治療を1998年にドイツで受けました。気管切開と脚の切断手術を受けましたが、現在仕立て屋として仕事をこなし、3人家族の大黒柱となっています。ユーモア溢れ明るい性格の彼は、どんな状況も乗り越えていけることを私たちに示してくれています。 16歳の女の子との再会も印象的でした。やけどを負い、ドイツで何度も手の手術を受けました。当時はほとんど動かせなかった両手が、今では様々な生活の場で活用されています。現在彼女は学校へ通い、ほぼパーフェクトな英語を話します。彼女は自分自身の手で英語を書くことができることも見せてくれました。将来の夢は医師になり、自分がドイツ国際平和村に救ってもらったように、たくさんの人々を助けることだそうです。 たくさんの出会いがありました。この出会いが証明してくれることは、ドイツ国際平和村の活動が、たとえ焼け石に水だとしても、意味があるということです。私たちすべてのスタッフにとって、たくさんの皆さんからいただく、さまざまな支援のおかげで、子どもたちにポジティブな転機を与えられることは、大変ありがたいことです。今日も、ある7歳の少女との出会いがありました。彼女は西アフガニスタンの山岳地帯からやってきました。父親は、自身も戦争で両足を失いました。彼は山岳地帯からその州の州都まで、重傷を負った娘と移動しました。そして、そこからカブールまでは飛行機での移動です。この移動のため、父親は借金をしなければなりませんでした。帰路にはバスを使う予定で、6日もかかると話していました。父親が娘のために尽力したことが敬服に値すること、そして、少女が患っている重度の骨髄炎のドイツにおける治療が決まったことを、現地パートナー団体がこの父親に伝えたところ、威厳を大事にする父親が大粒の涙を流していました。 ここアフガニスタンでは、テロリストには出会いませんと断言したいです。そうではなく、ここには絶望した家族たちがいます。彼らは世界の誰もが願うことを待望しています。それは、健康であることと保障された将来の見通しです。空腹、痛み、不安、絶望に制されるのではなく、少なくとも最低限の「衣食住」の確保と人権が保障されることです。アフガニスタンは、まだそこまで辿り着いていません。そのために、私たちは力や手段、可能性や想いを投資するべきです。 外国の軍隊の駐留が、この国の治安をますます劣悪にしたとは断言できませんが、ヨーロッパの政治が、過去何十年もの間、平和な世界の実現や、人々が難民として故郷を離れる原因を阻止することができなかったことを忘れてはいけません。何億万ドルもの軍事費支出は、この国の構造改革に活かされたとは言えないでしょう。ドイツ国際平和村は何度も訴えてきました。平和は戦争では作ることができないと。社会構造の改善こそがテロを撲滅し、平和な世界を構築するためのチャンスなのです。 2016年7月31日 カブール ハロー、皆さん。 この4日間、私たちはここカブールで何百もの家族との面会を行いました。家族は、ケガや病気を抱えた子どもたちが治療を受けられることを一心に願って、現地パートナー団体までやって来るのです。 誇り高き父親、絶望した様子の母親、何度も感謝の言葉を述べてくる祖父、痛みに我慢強く耐えている子どもたち、喜びで笑顔にあふれている叔母、不安げに見つめる叔父、興味津々に様子をうかがっている兄弟姉妹、私たちは、たくさんの家族とその子どもたちに出会いました。家族とその子どもたちは、アフガニスタン各地から現地パートナー団体のオフィスまでやってきます。その中には、農業や日雇い労働として生計を立てている人々もいますが、教員やエンジニア、ビジネスマンとして働いている人たちもいます。貧しい人々と比較的余裕のある暮らしをしている人々の違いは、すぐに分かります。立ち居振る舞いでもですが、子どもたちが抱えている病気やケガの症状でもそれがうかがえるのです。支援を必要としている子どもたちの家族が皆、現地パートナー団体のあるカブールまで危険も伴う長い道のりを超えて来ることができるわけではありません。それはつまり、私たちは治療が必要な子どもたち全員を支援することはできないということです。地方に住んでいる家族にとって、現地パートナー団体までの道のりには、多くの障害がはばかっているのです。 一方、ドイツに来ることになった子どもたちは、その家族にとって、そして現地パートナー団体の人々にとって大きな希望となります。現地パートナーは、私たちの活動のオーガナイズや、子どもたちの渡独に向けて必要になる書類を、かなりの労力とエネルギーをかけて準備してくれています。 昨日、最初に申請した子どもたちのパスポートも手元に届きました。私たちは、子どもたちとの面会と同時進行で、現地パートナーと協力して、ビザ申請のために必要な書類を準備しています。この書類は、アフガニスタンにおいて今なお悪化している情勢下では、用意するのが簡単ではないものが少なくありません。 ドイツ国際平和村がアフガニスタンの支援を始めてから28年になり、今回の援助飛行は74回目です。今回も、子どもたちのための支援を滞りなく行えることを願っています。   2016年7月29日 カブール おはようございます、皆さん。 私たちは27日(水)に、アフガニスタンの首都カブールに着きました。アフガニスタン現地パートナー団体の赤新月社には、すでにケガや病気を抱えた子どもたちとその家族が私たちの到着を待っていました。私たちは今日も朝早い時間から、子どもたちとその家族との面会を行っています。家族が私たちとの面会のために、長い時間辛抱強く待ち続けていることには、ただ驚くばかりです。  

1 2 3 4 7