2016年12月31日

2016年12月31日

eingetragen in: EXPORT, JAPAN | 0

Japanese version of the article „zum Jahreswechsel“ originally postet in German on December 31st 2016 by Friedensdorf Team.

2017年に向けて

2016年12月31日

ここ最近、ヨーロッパ、そしてドイツでも、テロ脅威のため、緊迫した状況にありました。私たちは、もう、この悲惨な現状の傍観者ではありません。家族や友人に何か起きていないかと日常的に考えるようになっています。アフガニスタン、ガザ、シリア、イラク、イエメンや他の世界中の多くの国々では、もう何年も何十年もこのような状況が日常であり、子どもたちがそのような状況の中、成長しているのです。

2017年、ヨーロッパが更なる問題に向き合うことは、すでに想定内です。イタリア、オランダ、フランス、そしてドイツでは、重大な選挙があります。今日、その全ての国で、明らかに右派の支持が増えています。地球上で、紛争、危機的状況は減少することなく、それらが明らかに、人々が難民として国を去る理由とされています。

一般的には、年越しの際に新年の希望や抱負を考えますが、ドイツ国際平和村は民主的価値観、団結、そして人間らしさを訴えます。共に、過去数十年の成果に目を向け、団結して、これからの問題にチャレンジしていきましょう。一般論や総括的な責任問題では、偏見や外国人嫌悪を解決することはできません。私たち自身にかかっているのです。私たちが、テロリストや過激派が破壊しようとしていることを、私たち自身、そして社会のために受け入れなければいいのです。

ドイツでの治療が必要なため、ドイツ国際平和村へやってきている子どもたちが、日々、私たちに証明してくれています。病気やけがによる制限があっても、肌の色、宗教、母国が様々でも、平和に共に生活することが可能であるということです!

ドイツ国際平和村は、2017年、設立から50年を迎えます。紛争、危機的状況にある子どもたちへの人道援助活動を行っているドイツ国際平和村は、国内・海外ともに、政党に左右されず、宗教上も中立の立場で、もっとも貧しい人々のために尽力しています。

「ドイツ国際平和村のような施設が50年も存在し続けたことは、本来なら残念なことです。しかし、世界の状況から見ると、多くの子どもたちやその家族を救うことができるという意味ではよいことなのです。」とある友人が言います。2016年も、紛争や危機的状況にある国の何百もの家族にとって大切な希望を届け、援助を提供することができました。

ドイツ国際平和村が活動を続けてこられたのは、多くの方々からの支援があったからです。スタッフ一同、この支援に心からのDanke(ありがとうございます)を伝えます。2017年もこの支援が続いていきますようにと願っています。穏やかな新年でありますように。

 

©Jakob Studnar

Bitte hinterlasse eine Antwort