ドイツ国際平和村設立から50年

eingetragen in: JAPAN | 0

Japanese version of the article „50 Jahre Friedensdorf – Gestern und Heute“ originally posted on friedensdorf-onlinereport.de on January 1st 2017: 2017年1月1日付 設立から50年が経とうとしているドイツ国際平和村をご支援くださり、誠にありがとうございます。   私たち、ドイツ国際平和村のスタッフはいろいろな世界を行き来しています。私たちが住んでいる世界は、平和に住め、きれいな水が手に入り、空腹が満たされ、必要なものが溢れています。しかし世界の違う場所では、今も銃撃が鳴り響き、地雷があり、戦争が繰り広げられてるのです。水がとても貴重で、多くの人々が毎日空腹という世界もありますし、少数の人々だけがとても裕福で、多くの人々が極貧困層だという世界もあります。   大きな違いは、医療制度にあります。私たちの住む国では、高水準の療法を受けられる可能性が大いにあります。上にあげたような世界では、この可能性はほとんどありません。医師たちが、ほとんどいなくて、病院や医療費に必要なお金もありません。 … Weiterlesen

75回目の援助飛行を行います。 2017年1月26日付

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the article „75. HILFSEINSATZ IN AFGHANISTAN“ originally posted on friedensdorf-onlinereport on January 26th 2017: 先週末、ヨーロッパの右派ポピュリスト党が今年の大選挙をテーマにドイツ・コブレンツに集まりました。また、世界中の人々は、米国の新大統領ドナルド・トランプ氏の動きに驚きを隠せません。このような動向の中、国連はアフガニスタンの現状について報告しました。 最新の国連・人道支援計画によると、2017年はさらに45万人が避難しなければならない状況が予想されています。この数字は、2016年内に既に登録された63万人の国内避難民とは別の新しい数字です。また、アフガニスタン全人口の3分の1にあたる930万人の人々が、今年、困窮状態に陥っています。それは、1日平均約1500人が、地元から避難しなければならない状況と言えます。政府による管理がなされていない地域はさらに増えており、困窮にある人口の約20%の人々と連絡をとることが非常に困難です。さらに、アフガニスタンの40%の人々は十分な食事をとることができず、100万人以上と想定される子どもたちが急性栄養失調を患い医療的な処置が必要です。しかし、多くの場合がその処置を受けることができないのです。なぜなら、アフガニスタンの40%の人々は、この国の健康保険システムに適応されていないからです。 上記の数字の裏には、アフガニスタンの人々の現実が見え隠れします。そして、ドイツ国際平和村は、定期的に援助飛行を行う中で、アフガニスタンの実情を垣間見ています。今週、ドイツ国際平和村は、第75回アフガニスタン援助飛行の準備に入りました。ドイツ国際平和村は、アフガニスタンの子どもたちをドイツに受け入れ、治療の機会を提供する活動を過去30年間行ってきましたが、今も子どもたちが母国で適切な治療を受けることができないことは、悲しい現状です。子どもたちは治療のためにドイツへやってきて、できるだけ早くに治療を終え、母国の家族のもとへ帰ります。 1987年、はじめてアフガニスタンの子どもたちをドイツ国際平和村で受け入れました。その子どもたちは、パキスタンの難民キャンプで暮らしていました。翌年1988年のクリスマスイブには、アフガニスタン・カブールからフランクフルト空港に、アフガニスタンの子どもたちが到着しました。フランクフルト空港からは、ドイツ軍のヘリコプターによって、デュッセルドルフに到着し、そこからノルトラインヴェストファーレン州の各協力病院に搬送されました。最初に子どもたちを受け入れた80年代当時の共産主義政権下のソ連軍駐留時、ムジャヘディンがカブールの街を破壊した時期、タリバン政権下にその後のカルザイ政権下、そして現在も、ドイツ国際平和村は、アフガニスタン現地パートナー団体と協力して、活動を継続できています。それは、ドイツ国際平和村が、非政府団体であり、特別な信条と結びついていないからです。30年間援助活動を続けましたが、アフガニスタンの実情は改善されず、特に困苦にある人々への支援はまだまだ必要です。ドイツ国際平和村はこれからも支援を続けていきます。 ドイツ国際平和村代表トーマス・ヤコブスは、この国の将来を懸念しながら言及します。「軍力を使ってでは、アフガニスタンの問題を解決することはできないでしょう。この国の問題をより深く洞察する眼識や現地の人々を底上げするような力が必要です。」 ドイツ国際平和村の支援を通してドイツにやってきた子どもたちは、治療を通して元気になるだけでなく、平和村での体験も母国に持ち帰ります。それは、「ともに平和に過ごせること」です。   写真:©Uli Preuss

ZUM JAHRESWECHSEL

eingetragen in: AKTUELLES | 0

Die letzten turbulenten Wochen und Monate haben uns die terroristische Bedrohung in Europa und in Deutschland näher gebracht. Wir sind nicht mehr ausschließlich Beobachter des Schreckens. … Weiterlesen

ガンビアへ子どもたちが帰国しました。

eingetragen in: EXPORT, JAPAN | 0

Japanese version of the article „Heimreise nach Gambia“ originally postet on December 21st 2016 2016年12月21日付 12月20日早朝、ガンビアから治療のためドイツに来ていた子ども2人が、ドイツでの治療を終えて、母国に帰国しました。ガンビアではクリスマスを祝う習慣はありませんが、この子どもたちの家族にとって、子どもたちの帰国は、とても嬉しいクリスマスプレゼントになりました。父親、母親、叔父、叔母、祖父母、そして兄弟姉妹たち、従妹たちが、何時間も前から、バンジュールの空港で、2人の子どもたちの帰国を待っていました。子どもたちは、ガンビアでは治癒が不可能なため、ドイツでの治療を受けていました。そのため、家族と数か月間離れていたのです。 4年前から、アフリカ大陸の最小国、ガンビアという国の子どもたちに、ドイツでの医療援助を提供しています。これまでに、30人以上ものガンビアの子どもたちが、ドイツ国際平和村と現地パートナー団体を通して、医療援助を受けることができました。ガンビアの医療制度は不安定です。医療的処置が必要だとしても、国民の多くは医療費を支払うことができず、治療を受けられない状況です。必要な医療や薬が手に入らないため、因習的な薬師にお告げを求めます。この薬師は、専門的な医療者とは異なります。 ドイツ国際平和村は、子どもたちへの医療援助と同時に、2016年中に合計約13トンの援助物資を、ガンビアへ送りました。この援助物資が、現地の医療インフラを改善するために役に立っています。医薬品や衣類などの援助物資の他、ある病院から寄付されたベットも送られました。 母国の困難な生活状況にかかわらず、子どもたちが私たちに示してくれることがあります。それは、子どもたちにとって、ガンビアという国が危機的状況にある国ではなく、アフガニスタンも紛争地域ではないことです。これらの国は、彼らにとって母国なのです。母国とは子どもたちにとって、大家族の待つ場所であり、先祖代々住む場所であり、知っているにおいがする場所であり、母国の味がある場所であり、それに、聞き覚えのある騒音がある場所でなのです。治療を終えたこのガンビアの子どもたちにとって、ドイツでの治療は、夢ある将来を持つことができ、家族の力になることができることを意味しています。 二人の帰国は、素晴らしいプレゼントになりました! 写真:母国ガンビアへ帰国する子どもたち

1 2 3 4 36