平和を願い「フリーデンスフェスト」を開催しました。

eingetragen in: FOREIGNLANGUAGE, JAPAN | 0

Japanese version of the article „WEIHNACHTEN – EIN FEST MIT VIELEN TRADITIONEN“ originally posted on December 30th 2016 平和を願い「フリーデンスフェスト」を開催しました。 2016年12月30日付 世界中には、例えばオランダのように、クリスマスより聖ニコラウスの日のほうが重要視されている国があります。イタリアでは、クリスマスは家族が集って共に祝う日で、スペイン同様に、プレゼントは1月6日の三王来朝の日にもらいます。ロシアや東欧では、1月7日にサンタクロースならず、ジェット・マロースとその孫娘がそりに乗ってプレゼントを運んできます。ギリシャでは、12月24日に子どもたちが、楽器を演奏しながら街中を歩き、幸福が訪れるようにと各家庭にてカランダという歌を歌います。ポーランドでは、クリスマスの食事は12種類あり、12使徒を想いながらいただきます。食事は人数分以上準備されます。それは、突然訪れるお客様の分なのです。オーストラリアでは真夏にクリスマスがあるので、サンタクロースは、赤い水着を着てヘリコプターで移動しています。人々はクリスマスターキーを、ビーチでピクニックしながら、いただきます。インドでは、クリスマスはヒンズー教にとっても重要な日なので、祝日です。   ドイツ国際平和村は、現在、紛争や危機的状況にある9カ国から子どもたちを受け入れています。宗教や文化背景の違う子どもたちが共に生活しています。そのため、施設ではドイツ的な伝統的なクリスマスパーティはありませんが、食堂が綺麗にデコレーションされて、特別美味しい食事も準備されました。   毎年恒例になった平和を願う「フリーデンスフェスト」という名のパーティが、今年も12月30日にありました。歌を歌ったり、スタッフたちが演劇をしたり、子どもたち一人ひとりにプレゼントもありました。子ども用腕時計やおもちゃの車。これらのプレゼントは、思い出の一つとして、母国に帰る際に持ち帰るかばんに詰められます。子どもたちや家族にとって一番のプレゼントは、なんといっても、子どもたちが治療を終え、元気になって、母国へ帰ることです。この帰国というプレゼントは、アフガニスタンや中央アジアの子どもたちに2017年2月に贈られる予定です。というのも、2017年2月に、アフガニスタンや中央アジアへの援助飛行を予定しているからです。この際に、治療を終えた子どもたちが現地の家族のもとへ帰ることができるのです。   … Weiterlesen

2016年12月31日

eingetragen in: EXPORT, JAPAN | 0

Japanese version of the article „zum Jahreswechsel“ originally postet in German on December 31st 2016 by Friedensdorf Team. 2017年に向けて 2016年12月31日 ここ最近、ヨーロッパ、そしてドイツでも、テロ脅威のため、緊迫した状況にありました。私たちは、もう、この悲惨な現状の傍観者ではありません。家族や友人に何か起きていないかと日常的に考えるようになっています。アフガニスタン、ガザ、シリア、イラク、イエメンや他の世界中の多くの国々では、もう何年も何十年もこのような状況が日常であり、子どもたちがそのような状況の中、成長しているのです。 2017年、ヨーロッパが更なる問題に向き合うことは、すでに想定内です。イタリア、オランダ、フランス、そしてドイツでは、重大な選挙があります。今日、その全ての国で、明らかに右派の支持が増えています。地球上で、紛争、危機的状況は減少することなく、それらが明らかに、人々が難民として国を去る理由とされています。 一般的には、年越しの際に新年の希望や抱負を考えますが、ドイツ国際平和村は民主的価値観、団結、そして人間らしさを訴えます。共に、過去数十年の成果に目を向け、団結して、これからの問題にチャレンジしていきましょう。一般論や総括的な責任問題では、偏見や外国人嫌悪を解決することはできません。私たち自身にかかっているのです。私たちが、テロリストや過激派が破壊しようとしていることを、私たち自身、そして社会のために受け入れなければいいのです。 ドイツでの治療が必要なため、ドイツ国際平和村へやってきている子どもたちが、日々、私たちに証明してくれています。病気やけがによる制限があっても、肌の色、宗教、母国が様々でも、平和に共に生活することが可能であるということです! ドイツ国際平和村は、2017年、設立から50年を迎えます。紛争、危機的状況にある子どもたちへの人道援助活動を行っているドイツ国際平和村は、国内・海外ともに、政党に左右されず、宗教上も中立の立場で、もっとも貧しい人々のために尽力しています。 「ドイツ国際平和村のような施設が50年も存在し続けたことは、本来なら残念なことです。しかし、世界の状況から見ると、多くの子どもたちやその家族を救うことができるという意味ではよいことなのです。」とある友人が言います。2016年も、紛争や危機的状況にある国の何百もの家族にとって大切な希望を届け、援助を提供することができました。 … Weiterlesen

1 2 3 4 14