武器輸出-小さな武器による子どもたちへの被害

武器輸出-小さな武器による子どもたちへの被害

eingetragen in: JAPAN, Japan | 0

Japanese version of article „Schlimme Folgen von Kleinwaffen für Kinder“,orgininally posted on 26th of October 2016

2016年10月26日ドイツの武器輸出量は、新たに増加しています。メディアによると、今年だけでも、小型武器用の弾薬の輸出量は、10倍になっています。また、輸出国も変化しました。武器輸出国のトップ10の中には、人権侵害で知られる国もあります。サウジアラビア、アルジェリア、そして25位から8位に急上昇したトルコ。武器を輸入している国は、争いのために武器を必要としている国だとも言えます。これらの事実は、難民の数をおさえるのに必要なことなのでしょうか。それとも、武器を輸出することで、さらに悲しい出来事が増えるのではないでしょうか。

人権保護のための規律を守ること、そして、武器や弾薬の残量のコントロールを改善することに関する連邦政府の誓約は、事実上のことを何も変えません。戦争や内戦、例えばシリアでは、小型武器により多くの市民が殺害されています。国連の報告によると、毎年約20万人が小型武器により死亡しています。これは、世界での惨死のほぼ半数です。

武器の目的は神聖であるべきではありません。アムネスティ・インターナショナルの最新の報告書の中に、シリアでのISに対するアメリカ誘導の「不相応」で「無計画」な軍事連合の侵略で一般市民が苦しんでいると報告されています。

ドイツ国際平和村は、戦争が及ぼすものを知っています。そして、その戦争に、ドイツも武器輸出を通して、加担しているということも知っています。ドイツ国際平和村は、ほぼ50年前から戦争や危機的状況にある地域の子どもたちを援助しています。約30年前からは、アフガニスタンの子どもたちへの支援も行っています。今年8月には、74回目になるアフガニスタンへの援助飛行を遂行できました。この国には、基礎的なインフラが不足していて、子どもたちが直接の被害者になります。通学、十分な食事、年相応の発達の可能性、十分な水、電気、暖房システム、これらは、アフガニスタンでは医療供給と同じくらい贅沢なものなのです。地雷、空爆、ロケット弾爆発、それに小型武器は、どんな時にでも、直接ケガになる原因です。子どもたちは、ケガを負っても、現地では適切な治療が受けられません。ドイツ国際平和村は、「テロとの戦い」という名の国際軍事干渉から15年経っても、悲しい状況があることを知っています。どの州でも安全状況は、整っていません。アヘン生産はレコード記録になるほど増加しています。可能性をもった多くの人がこの国を去っていきます。ドイツ国際平和村は、暴力は暴力反対を挑発すると知っています。人間らしく生きられることを可能にする構造を、国々で作らなければなりません。この方法で、テロを撤廃させることができるのです。

Bitte hinterlasse eine Antwort